厳選!大人気のアニソン女性歌手を5人紹介

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

みなさんは、わかるかな?アニソン歌手って、どんな人かわかるかな?

アニメの主題歌を歌っている歌手のことを言うの。

2017年現在は、人気のアニソン歌手が結構いて、CDアルバムを出したり、大きな会場でもライブをやったりする人もいるんだよね。

ライブ会場を観客で埋め尽くせるくらい、有名で人気のあるアーティストが結構いるの!

でも、1980年代までは、アニソン歌手が日本武道館等で、単独ライブを行うことなんてあり得なかった~。

 

時代は変わったね・・・

 

というわけで、今回は、おススメの女性アニソン歌手についてお話をしていきたいと思います。

LISA

LiSAさんといえば「Rising Hope」という曲が人気(^_-)-☆

テレビ番組に出演したり、武道館ライブを成功させたりしているのアーティスト。

アニソン歌手に詳しくなくても知っている人は多いんじゃないかな?

パワフルな歌声と、ライブパフォーマンス、かわいくてカッコいいルックスで大人気!

ライブでは、ファンと一体となり、コール&レスポンスや振付けをすることが多く、定評があるの。

髪を赤くして、ロックな感じのファッションをしているんだけど、とても個性的。

そのファッションセンスと、親しみやすいキャラクターで同性のファンも多いの。

私は、テレビや動画でしかLiSAさんを見たこともないです。

でも、歌はもちろんステキだけど、カッコいいしかわいいし、女性が憧れるのがわかるって思う!

ちなみに、LiSAのファンのことをLiSAっこと呼ぶそうです。

May’n(メイン)

May’nさんと言ったら、「ライオン」というくらいこの曲は大ヒットしました!

3歳の頃に、安室奈美恵さんをテレビで観て、「私も歌って踊れるアーティストになりたい」と思ったそうです。

9歳頃から本格的なオーディションを受け始めたの。

2003年の13歳の時に、第28回ホリプロスカウトキャラバン「ラブミュージック・オーディション」の決勝審査までたどり着いたんだって。

このオーディションでは、3万4911人の中から、決勝審査の4人に残りました。

すごいっ!!

その後、海外ライブツアーや、武道館ライブを行うなど、精力的に活動しているの。

May’nさんは、歌い方がカッコいいし、ルックスもいいの。

でも、しゃべるとテンションが高くておもしろいんだよね!

ギャップが魅力的な人です(^^♪

鈴木このみ

鈴木さんの人気曲は、TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」OPテーマ、「This game」。

歌とダンスを始めるきっかけとなったのは、人見知りと泣き虫を克服するため。

かわいらしくて、親しみやすいキャラクターなんだけど、歌うと一変!

カッコイイ女性になります!

さすが!アニソングランプリで優勝しただけのことはあるね(*’ω’*)

声質はかわいい感じだけど、パンチが効いていてカッコいいし、ダンスをやっているから、パフォーマンスもステキ☆

ZAQ(ザック)

ZAQさんの人気曲は「Sparkling Daydream」。

ZAQさんはとても歌がうまくて、初めて歌声を聴いた時は衝撃的でした!

表現力豊かで綺麗な高音、心地よいビブラートは聴いている人を虜にします。

私の知り合いも、ZAQさんの歌を聴く機会があったそうで、やはり私と同じように衝撃を受けたそうです。

歌がうまいだけではなく、自分で作・編曲をしていて、

「CDアルバムなら1カ月あれば1から作れる」と言うから驚き( ゚д゚)

しかも、作曲は独学なんだって!

3歳の頃からピアノを習い始め、音大のピアノ科を卒業。

だから、音楽の基礎的な物はバッチリ身についてるんだよね。

それにしても、すごい!

尊敬します(*´ω`*)

ELISA

キレイな声とモデルのようなルックスのELISAさん。

2007年にモデルのオーディションを受けて、ファイナリストの1人に選ばれました。

審査員からの「いつからモデルを目指したんですか?」という質問に対し、

ELISAさんは、「モデルではなく歌手になりたいんです」と言ったそうです。

そして、驚いている審査員を前に歌を披露したところ、音楽関係者の目に止まり、メジャーデビューが決まったそうです。

彼女の声は最初に聴いた時、「キレイな声だなあ・・・」とうっとりしてしまいました(*’ω’*)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、人気のアニソン歌手をご紹介してきました。

アニメ好きなら、知らない人はいないっていうくらい、有名な人達をご紹介してきました。

実力のある人ばかりなので、ぜひ聴いてほしいです(^^♪

いい曲も多いしね(^_-)-☆

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(*’ω’*)

関連ページ