エレクトーンの自動伴奏~ステージア編~

みなさん、こんにちは( ^ω^ )

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です☆

 

エレクトーンを始めたばかりの時は、練習でなかなか思うように弾けず、イライラしたり諦めたりしてしまう人が多いと思います。

いつになったら楽しく1曲弾けるようになるんだろう・・

実は私もそうでした。今、このような記事を書いているのが信じられないくらい練習が大っ嫌いでした。

しかし、年々進化している「自動伴奏機能」を使う事で、「エレクトーンって楽しい!」って思えるようになりました。

この機能を使うことで、飽きずに練習を続けることができるようになりました。

さらに、私の演奏を聴いた人からでも、「エレクトーンって色々な音が出ておもしろいね!」と言ってもらえるようになりました。

今回は、華やかな演奏になる自動伴奏について、お話しをしていきたいと思います。

自分のレベルに合わせて、3種類のオートベースコードから選ぶ

オートベースコードとは、下鍵盤と足鍵盤(=ベース)でコード(=複数の音が重なったもの)を弾くことによって、自動で伴奏をつけてくれる機能です。下鍵盤と足鍵盤をただ単に押さえるだけで、自動的にバッキング(=コードを刻んで鳴らす)とベースライン(=コードに使われている音に合わせてベースの音を動かすこと)をつけて鳴らしてくれます。

この機能には、シングルフィンガー」カスタムA.B.C」「フィンガーコードの3パターンがあります。

設定は、3パターンすべて同じ画面で操作するので簡単です。躊躇せずにやってみてくださいね。

それでは、3パターンの内容と操作方法について、説明をしていきたいと思います。

 

STEP1

「RHYTHM PROGRAM」の「A.B.C」を選びます。↓

 

STEP2

タッチパネル画面の「A.B.Cモード」の3種類の中から、好きな伴奏パターンを選んで押す。

シングルフィンガー読んで字のごとく、指1本で1つの鍵盤を弾くだけで、*リズムに合わせて自動伴奏をしてくれます。ただし、長調のみに使える機能です。

簡単な曲を弾く場合に適しています。1番シンプルな機能です。

カスタムA.B.C:左手でコードを弾き、同時に足でベースも弾くことによって、自動伴奏をしてくれます。

オートベースコードの中で使い方が1番難しいです。

フィンガーコード:左手でコードを弾くだけで、*リズムに合わせて伴奏とベースを刻んでくれます。

*リズム=ここでは、エレクトーンにあらかじめ内蔵されているドラムのリズムパターンを、ボタン1つでリアルタイムで鳴らすことを表しています↓

STEP3

「RHYTHM」ボタンの好きなジャンルを選び押す。*今回は例としてR&Bを選んでいます

ここで選んだリズムと、それにマッチしたベースラインとバッキングが自動的に鳴ります。↓

 

STEP4

タッチパネル画面の中から、さらに好きなリズムパターンを選びます。↓

STEP5

タッチパネル画面の一番下の中から、鳴らしたい伴奏パターンを選んでタッチします。一度にすべてのパターンを選ぶこともできます。

押す度にON・OFFが切り替わり、薄いグレーになっていれば選ばれている状態です。

下の画像の「フレーズ2」のように濃いグレーになっていると、選ばれていない状態になります。↓

STEP6

「RHYTHM」の「START」ボタンを押します。↓

STEP7

いよいよ演奏です。楽しんで演奏をしてくださいね☆

メロディーオンコードを使って素敵なハーモニーを奏でる

この機能を使えば、右手を単音で弾いても、重音(=2つ以上の音を同時に出すこと)が鳴って華やかな演奏になります。

STEP1

「RHYTHM PROGRAM」の「PATTERN」を選びます。↓

STEP2

M.O.Cモードの1~3の中から好きな重音のパターンを選びます。

パターンによって音の広がり方が変わってきます。↓

STEP3

いよいよ演奏です♫

下鍵盤でコードを抑えながら、上鍵盤でメロディーを弾きます。

その結果、演奏に合ったハーモニーが自動的に鳴るので、複数人数で弾いてるかのような華やかな演奏になります。

1度弾いた音を持続させる、「ロワーメモリー」

ロワーメモリーを使うと、鍵盤から指を離した後でも、弾いた音を伸ばし続ける事ができます。

この機能は、下鍵盤と足鍵盤のみ有効です。

 

STEP1

「RHYTHM PROGRAM」の「PATTERN」を選びます。↓

STEP2

下鍵盤でこの機能を使いたい場合は、タッチパネル画面の、「メモリー」から「下鍵盤」を選んでタッチします。

足鍵盤でこの機能を使いたい場合は、「ペダル鍵盤」を選んでタッチします。1度に両方選ぶ事も可能です。

選択されるとオレンジ色になり、タッチする度にON・OFFが切り替わります。↓

STEP3

あとは弾くだけです♫

一例ですが、下鍵盤でコードを弾いた直後に上鍵盤で両手奏法をするというやり方があります。これで、見た目も演奏も華やかになります。

まとめ

このように、自動伴奏の種類には「A.B.Cモード」「M.O.Cモード」「ロワーメモリー」の3パターンがあります。

この記事で紹介した手順で設定と演奏をすれば、初心者でも華やかな演奏をすることができます。そうすれば、演奏を聴いた方から「素敵な演奏だね!」「エレクトーンって色々な音がして楽しいね!」と興味を持たれるはずです。

ぜひ、さっそく練習でも人前でも試してみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*´꒳`*)

関連ページ