カッコよく魅せるには??エレクトーンのベース奏法

エレクトーンのベース(足鍵盤)の弾き方には、つま先で弾く方法や、かかとで弾く方法があります。しかし、その中でエレクトーンのベースを、どのように弾いたら良いか迷う人もいると思います。

ベースはつま先で弾く事が多いけれど、コンサートやデモ演奏(楽器の性能をアピールする為、楽器メーカーが主催するミニコンサート)で、プレイヤーさんはつま先だけでなく、かかとや両足も使っている・・どう使い分けたら良いのだろう?

私も、未だに悩む時があります。つま先だけで弾いた方がスムーズではないか?いや、つま先とかかとを使った方がもっと良くなるのではないか?と試行錯誤。

しかし、先生にアドバイスを頂きながら弾いているうちに、使い分けのコツがつかめるようになりました。

さらに、私の演奏を聴いた人からは、「両足を使いこなしていてすごいね!」「かっこよかったよ!」と言われるようになりました。

そこで今回は、見た目も音楽的にも魅せる、さまざまなベース奏法のお話をしていきたいと思います。

つま先で演奏する方法

つま先での演奏は、基本となる弾き方ですのでしっかり抑えておきましょう。

まず、エレクトーンを弾く際の椅子の位置を確認しましょう。椅子は、エレクトーンの前に足1つ分空けて置きます。その後、ベースの‘‘ド”の鍵盤がおへその辺りに来るようにして、あまり深く腰かけず、体が落ちるか落ちないかぐらいのところに浅く座ります。

深く腰をかけると体は安定しますが、足を動かし辛くなるので注意が必要です。

そして、左足は鍵盤に添えるように置き、右足はエクスプレッションペダル(音量調整をするペダル)に置きます。この時つま先は、鍵盤を下げるのに必要なだけ下ろし、足首の余計な力は抜いて弾きます。上下左右の動きにはひざを支点にして振り子のように動かし、足全体を動かすような無駄な動きは避けましょう。

足全体を動かすとテンポが遅れがちになり、体力消耗しやすくなります。この結果、演奏に集中できなくなります。 

かかとを使ってパワフルな音を出す奏法

エレクトーンの鍵盤は、弾く強さによって音の大きさを変える事ができます。

力強い音を出したい時には、つま先ではなく、かかとを使います。なぜなら、かかとの方が力を加えやすいからです。

特に、打楽器のティンパニの音を使う時に効果的な奏法です。

ただし、エレクトーンシューズなどのヒールがある靴を履く場合、鍵盤の感覚がつかみづらいので、慣れるまでは弾きづらいです。しかし、しっかり練習をすればできるようにりますので、チャレンジしてみて下さいね。

ヒール&トゥ奏法

ヒール&トゥ奏法とは、つま先とかかとの両方を使って弾く奏法の事を言います。この奏法は、主に2つの場面で使います。 

まず、速いテンポで順次進行(=音が隣の音へ移動していくこと)をする時に使います。鍵盤を這うように「つま先~かかと~つま先~かかと」という順番で1音1音弾いていきます。

例えば‘‘ド”はつま先→‘‘レ”はかかと→‘‘ミ”はつま先という感じで、音をバトンタッチしていきます。

そして、2つの音をなめらかに繋げるレガート奏法をしたい時にも、つま先とかかとの両方を使います。

かかとで弾く際の方が、より大きな力が加わりやすく、強い音が出やすいです。このため、つま先とかかとで交互に弾いた両方の音量を同じくらいにしたい時は、注意が必要です。

これができるとカッコイイ!両足ベース奏法

いつもはエクスプレッションペダルに乗せている右足ですが、必要に応じてベースを弾くこともあります。両足ベース奏法は難しいテクニックですが、とてもアクロバティックでカッコよく、観ている人を惹きつけます。

私も、「早く両足でベースが弾けるようになりたい!」と思っていた時期がありました。今では弾けるテクニックは身に付きましたが、難しいので1曲仕上げる毎に何度も練習をします。こちらの奏法は上記の3種類の奏法と異なり、姿勢や椅子の位置に注意が必要です。

左足は基本通りベースを弾きますが、それに加え右足をエクスプレッションペダルから離して演奏するため、腹筋と背筋のみで体を支えることになります。あまり浅く座ってしまうと、両足でベースを弾き始めた時にバランスを崩してしまうので、倒れないか倒れるかぐらいの位置に座りましょう。深く座った分、体がエレクトーンから遠ざかってしまうので、椅子を近づけて座って下さい。

まとめ

このように、エレクトーンのベース奏法には「つま先で弾く」「かかとで弾く」「ヒール&トゥ奏法」「両足ベース奏法」があります。

色々な奏法があり、慣れるまでは大変かもしれません。しかし、弾けるようになれば楽しいし、演奏を聴いてくれた人にはかっこいい!すごい!と言われる可能性大です。

ぜひ、練習をして、素敵なベース捌きを披露してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連ページ