諦めないで!エレクトーンで初見に強くなる方法!

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

あなたは初見演奏が得意ですか??

 

私は、大の苦手です!

 

それもそのはず。

子供の頃からエレクトーンを弾いているのにも関わらず、初見演奏なんてやってこなかったから。

先生に教えてもらったこともなかったし、存在自体を知らなかったんだよね( ˘•ω•˘ )

そして、大人になって講師を目指すようになり、はじめて初見演奏をやってみたけど、弾けなかった・・・

 

そこで、先生に指導して頂いて少しずつですが、うまく弾けるようになりました。

初見演奏って大人になってから習得するのは大変。

でも、「克服せざるを得ない!」っていう方はいると思うのです。

今回は、私がどのように初見力を身につけたのかお話をしていきたいと思います。

エレクトーンの初見演奏とは?

「初見演奏ってなんなのか?」っていうと、初めて見た楽譜を元に演奏することです。

読んで字のごとくですね!

楽譜をパッとみて、サッと弾く!

それが初見演奏というもの。

 

この初見演奏、メロディーだけなら、わりと早く弾けるようになります。

メロディーだけなら片手に集中すればいいから、その分楽に弾けるの。

でも、問題は、右手・左手・足鍵盤を同時に演奏しなければならない場合なんです。

エレクトーンの楽譜はこんなかんじ!拡大すると・・・

このように3段に分かれていることがお分かり頂けると思う。

一番上・・・上鍵盤

真ん中・・・下鍵盤

一番下・・・足鍵盤

これを一度に初見で弾くとなると、結構大変だよね。

でも、この楽譜は初見用で、エレクトーンの演奏試験の過去問なんです。

これより難しい問題もたくさんあります。

頭痛がしますね(;’∀’)

初見演奏の重要性

なんで初見をやらなきゃいけないの??って思う人もいると思います。

私もそうだったし、実際なかなか弾けるようにならないしね( ノД`)

でも、絶対に初見力は高いほうがいいと思う。

デメリットはまったくなくて、メリットしかないから。

メリットは

・楽譜がスラスラ読めるので、ストレスが少ない。

・楽曲を仕上げるのに時間短縮できる

・初めて見る楽譜でも、高いクオリティで弾ける

・他の楽器とセッションができるようになる

 

こんなにたくさんのメリットがあるわけです!

これはもう身につけるしかないでしょ!

という感じですねᕦ(ò_óˇ)ᕤ

初見の苦手意識を克服する方法

初見の苦手意識を克服するって本当に大変なんだよね。

私が習ってきた先生は初見が得意な先生ばかりで

「数をこなせばできるようになる」

とみなさん口を揃えておっしゃっていたの。

でも、言われるがまま数をこなしても全然弾けるようにならなかった。

エレクトーンの初見の問題集を、すべて購入して練習しても弾けるようにならなかった( ;∀;)

 

本当に絶望的でした(´;ω;`)

 

初見ができなければ試験は受からないし、もう無理なんじゃないかなあ?って思ったよ。

そんな時に試験の審査をして頂いた試験官の先生が、以前は初見が苦手だったそうで、

克服のためのアドバイスを私にして下さったの。

そして、アドバイスを元に練習を重ねた結果、初見力が上がりました。

 

では、アドバイスしていただいたことをお話していくね(^^)/

初見練習曲の分析をする

練習曲がどういう構成になっているのかを見分ける訓練をすること。

例えば、

「AメロとBメロは同じだな」とか、

「左手は右手のハモリになってるんだな」っていうのを見分ける。

 

曲によって構成が違うから、どんなパターンがあるのかを分析して、覚えましょう。

それによって、始めて見た楽譜でも、

「あっ!これはあのパターンだな!」って気づく事ができるよね。

そうすると、演奏に余裕がでます。

コード進行はどうなっているのか?

鍵盤で音を出さずに3回ほど楽譜を読んでください。

この時、主に左手とベースの部分を見るようにしてみて。

なぜかというと、右手のメロディーってシンプルな事が多いから間違えにくいんだよね。

だから、とっさでも読めてしまう。

でも、左手は和音で複雑なことが多いし、足鍵盤は音と音の間隔が広ければ準備をしていないと間に合わないからなの。

特に複雑な部分はきちんと読んで、何のコードなのか把握しておいて下さい。

ピアノの初見練習問題を使う

ピアノはエレクトーンのように足鍵盤がないため、その分左手を動かすのが簡単です。

最初は大変だと思うけど、慣れるとエレクトーンの譜面が少し簡単に見えるので、

おススメ。

和音を読む力がつきます!

私が今一番重点的にやっている方法だよ~。

今弾いている場所より先を見る

弾いている場所を眺めていたのでは間に合わないので、今弾いている所から先を見る必要があります。

なんと!3小節先を見ながら弾くことができる人もいます(;’∀’)

そこまでする必要はないですが、せめて0,5~1小節先を見ながら弾くようにして下さい。

本を読む時や、道を歩く時と同じです。

少し先を読まないと、突っかかってスムーズに読めないよね?

少し先を見て歩かないと、転びそうになったり何かにぶつかりそうになったりするよね?

それと同じこと。

少し先を見て弾きましょう☆

「できる!」って思って弾くこと

初見だけに限らず、苦手な物事に取り組む時って不安つきまとうよね。

でも、

「なんでできないんだろう」

「自分には無理だ」

なんてネガティブな発想を持ったまま弾くと、絶対に弾けません。

 

ぐに弾けるようにならなくても、

「昨日よりもうまく弾く」

「絶対にうまくなってやる!」

「私は弾ける!」

っていうポジティブな気持ちで弾くことが大事。

気持ち次第で弾けるものも弾けなくなってしまうから。

そんなの絶対にもったいない!

「ツラくてもいつかは絶対弾けるようになるんだ!」

って思って弾きましょう(^^)/

色々なジャンルの曲を初見で弾く

色んなジャンルの曲を、初見で弾いてみてください。

曲の難易度は、普段取り組む楽曲と同等のものを選んでください。

 

これくらいの負荷をかけないとうまくなりません。

キツイけど、色々なジャンルの本を4~5冊くらい用意して、毎日弾いてください。

やり方は、例えば今日は吹奏楽の譜面から1ページ目、ジャズの譜面から1ページ目・・

翌日に、吹奏楽の譜面から2ページ目、ジャズの譜面から2ページ目・・・

という感じでやります。

 

いろいろな曲に触れることで、引き出しが増えるし、目も慣れてきます。

あまりにもキツイと続かないので、1ページがキツイのであれば、0.5ページづつでもOK!

毎日色々なジャンルの曲を弾くようにしてみてくださいね(^^♪

まとめ

今回は初見演奏についてお話してきました~!

まとめると・・・

・エレクトーンの初見演奏とはどんなものか?

・初見演奏の重要性

・初見演奏の苦手意識を克服する方法

でしたね!

初見は取得するのは大変かもしれません。

でも、やれば必ずできるようになります!

自分を信じてがんばろう!

応援しています(*’▽’)

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^_-)-☆

関連ページ