エレクトーンのフットスイッチの使い方~レフト編~

みなさん、こんにちは( ^ω^ )

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です☆

 

エレクトーンにはペダルが2つ付いているものが主流になっています。そのうちの1つは先端の両端にスイッチが付いています。

これを、「フットスイッチ」と言います。

わかりやすく画像で説明すると・・・

↓これが足で操作するペダルで、足鍵盤の奥に付いています。

↓右側のペダルの先端についているのがフットスイッチです☆

今回は、エレクトーンのステージアを使って、「フットスイッチ」の「レフト」(=フットスイッチの左側の部分)の使い方を解説していきたいと思います(=゚ω゚)ノ 

フットスイッチの「リズム」使い方

フットスイッチには、左右それぞれ違う役割があります。

設定は、エレクトーンのタッチパネル画面で行います。その後、フットスイッチを左右どちらかにつま先で蹴ることによって機能が発動します(‘◇’)ゞ

この中でもよく使われる機能が「リズム」です。

ここでは、フットスイッチの「レフト」の「リズム」の使い方について解説していきます。

 

パターン1

STEP1

「DISPLAY SELECT」の「FOOT  SWITCH」を押します。

STEP2

タッチパネル画面が以下のように切り替わります。ここでは、「レフト」を選んでタッチします。

「レフト」がオレンジ色に表示されます。

STEP3

「リズム」をタッチします。「リズム設定」の中から好きなパターンを選んでタッチします。

選ばれたところはオレンジ色に表示されます。

「停止」を選ぶと、フットスイッチを左に蹴る度に、リズムのスタート・ストップを交互に繰り返します。

「RHYTHM CONTROL」のSTARTボタンを押すのと同じです。

パターン2

「メインB」のリズムで演奏して、途中で「メインC」に変えたい場合。

STEP1

STEP1~3の手順を行います。

STEP2

タッチパネル画面の「メインC」を選んでタッチします。

STEP3

「RHYTHM CONTROL」の「MAIN」のBボタンを押します。

STEP4

あとは弾くだけです♪

リズムを「メインC」に変えたいタイミングでフットスイッチを左に蹴ります。

グライドを使って、演奏をする方法

「グライド」とは、音を半音下げる機能のことを指します。

指定した鍵盤を押さえながらフットスイッチを左に蹴ると半音下がります。また、離すと元の音に戻ります。

ここでは「グライド」の使い方を解説していきます。

STEP1

パターン1のSTEP1~2の手順を行います。

STEP2

「グライド」を選んでタッチします。

STEP3

「グライド設定」の中から、どの鍵盤でグライドの機能を使いたいかを選んでタッチします。

選ばれたところはオレンジ色に表示されます。

ここでは、上鍵盤1を設定しています。

STEP4

「タイム」を設定します。1~5まで設定できます。

数値は、フットスイッチを蹴って離した後の元の音程への戻りの速さを表しています。数字が小さいほど元の音程への戻りは早くなり、数字が大きいほど遅くなります。

以下の画像のように、指で数字を増やしたり、減らしたりすることができます。

または、タッチパネル画面の横にある「DATA CONTROL」のダイヤルを回して設定することも可能です。

これで設定は完了です!

あとは演奏をしながら、好きなタイミングでフットスイッチを蹴って離すだけです。

ロータリースピーカーの設定の仕方

ロータリースピーカーとは、トレモロという奏法のことを指します。

トレモロとは、同じ音を連続して小刻みに演奏する方法のことです。

この機能を使うには、あらかじめ音色のエフェクト設定が必要になります。

ここでは、ロータリースピーカーの使い方を説明していきます。

STEP1

パターン1のSTEP1~2の手順を行います。

STEP2

「ロータリースピーカー」を選んでタッチします。

STEP3

トレモロの設定をしたい鍵盤の音色のボタンを押します。

ここでは、上鍵盤ボイス1(=設定したい場所)の「STRINGS」(=音色)にトレモロの設定をしていきます。

まず、「UPPER KEYBOARD VOICE」の「STRINGS」(=ストリングス)を押します

STEP4

トレモロの設定したい音色の種類を選んでタッチします。

「ストリングス1」を選んでタッチします。

STEP5

エフェクトの設定をしていきます。1つの音色につき2つまでエフェクトの設定ができます。

「3」または「4」を選んでタッチします。ここでは、「3」をタッチします。

*エフェクトとは、音色に設定できる「効果」のことです。例えば歪んだ音にしたり、やまびこのように時間差で音が返ってきたり、様々な「効果」を設定することができます。

 

STEP6

「エフェクト1」の「プリセット」をタッチします。

 

STEP7

「ロータリースピーカー」を選んでタッチします。

STEP8

「エフェクト1」に「ロータリースピーカー」が設定されました。これで設定完了です♪

あとは、演奏中にフットスイッチを蹴るだけです。

演奏中にフットスイッチを蹴る度に、機能のON・OFFが交互に切り替わります。

「ROTARY SP SPEED」のボタンでもフットスイッチと同じ機能が使えます。ボタンを押す度に、機能のON・OFFが交互に切り替わります。↓

まとめ

ここまで解説してきたように、フットスイッチの「レフト」には、「リズム」「グライド」「ロータリースピーカー」の3つの機能があります。

「リズム」と「ロータリースピーカー」は手動も操作できます。

しかし、フットスイッチを使うことで手元は演奏だけに集中することができます。

ぜひ、フットスイッチの機能を使いこなして、快適な演奏をしてくださいね☆

最後までお読みくださり、ありがとうございました(*^-^*)

 

関連ページ