ピアノとエレクトーンの違いって何??

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

ピアノを習うにあたって、ヤマハを選ぶ人って多いよね☆

実際にヤマハ音楽教室に行ってみたら、ピアノとエレクトーンが置いてあるのを発見!

「ピアノを習おうと思ってたけど、エレクトーンも弾いてみたいな」「どっちにしよう!」って悩んでる人もいるんじゃないかな?

 

でも、両方いっぺんに習うのは大変。

練習する時間と労力が2倍になるし、楽器の維持費とレッスン費用がかさみます。

 

だから、迷うよね( ;∀;)

今回は、エレクトーンとピアノ、どっちを習おうか迷っている人のために、エレクトーンとピアノの違いを、お話していきたいと思います

エレクトーンにはどんな特徴があるの?

ここではエレクトーンの特徴についてお話をしていきたいと思います。

1人でも完成度の高い曲を仕上げることができる

電子楽器で、多彩な音色、リズムが内蔵されています。

そのため、クラシックやビッグバンドなど、あらゆるジャンルの曲を一人で演奏できてしまうの。

まるで、複数の人数で演奏してるかのような、クオリティの高い楽曲を演奏することができます。

色々なジャンルや楽器の勉強ができる

色々な音色が出るので、忠実に再現するために弾き方を研究することになるの。

大変だけど、色々な楽器のことが分かるので勉強になります。

アレンジ力があがる

自分で作曲や編曲をしたら、音作りをすることになるの。

「ここの小節はこの音色をセットして・・・」っていう感じでやっていくんだけど、何度もやっていると発想力が身につくよ☆

脳の活性化になる

全身をフルに動かすため、脳みそもかなり使うことになります。

手だけではなく、足で演奏する鍵盤と音量を調整するペダルがあります。

さらに、いろんな音を聴きながら弾き分けるため、脳に刺激を与えることになるの。

おかげさまで、日常でも2つのことを同時にやる能力が身に付きました(^^♪

鍵盤が軽いため、弾きやすい

ピアノに比べて鍵盤が軽いので、子供や年配の方でも演奏しやすい。

10年に1度買い替えが必要

電子楽器なので、他の楽器と比べて寿命が短いです。

使い方にもよりますが、毎日2時間以上弾いているようであれば、10年が寿命。

あと、コンクールに出るような人は、新モデルが出るたびに買い替えが必要。

なぜなら、音色や機能が変わるためなの。

せっかく今まで作った音色のデータも、新しいエレクトーン用に作り直さなければならないんだよね。

使い方も覚えなければいけないし、お金もかかります。

そして、プロが使うものは100万円かかります。

ちなみに、私の今のエレクローンは3台目です。

車1台買えちゃうよね(;’∀’)

腹筋力と背筋力が必要

腹筋がないと、体をうまく支えきれず、いい演奏になりません。

深く座れば足鍵盤を弾くときに、足が動かしづらくなるの。

さらに、強い音を出したい時は鍵盤に力を加えないといけないんだけど、腕の力だけではきキツイんだよね。

この弾き方だと、長時間弾くのは困難になってくるし、最悪腕を痛めてしまうの。

でも、浅く座れば、足を動かしやすくなるし、体重を腕にかけて力強い音を出せるようになるんだよね。

ところが、腹筋がないとバランスを崩して転落してしまう・・・

という全身を使う楽器なんです(;’∀’)

腰痛や肩こりになりやすい

ラクな姿勢で演奏できないので、長時間弾いていると体に負担がかかってきます。

ストレッチをしたり、整体に通ったりして、体をケアする必要があります。

騒音問題

電子楽器なので、音量を調節することはできます。

ただ、どうにもならない点が1つあります。

それは、足鍵盤を弾く音です。

私は一戸建てで、2階の部屋にエレクトーンを置いているのですが、

親には「ねずみでも走り回っているかのような音がする」と言われています(;’∀’)

なので、アパートやマンションに住むなら、1階に住むか防音シートで対策をしましょう!

ちなみに、防音シートは100%音がなくなるわけではありません。

軽減される程度です。

ピアノはどんな特徴があるの?

さてさて、ピアノにはどんな特徴があるのか?

お話していくね(^_-)-☆

音色は1つだけ

ピアノは、生楽器のため、1つの音色しか出ません。

でも、上達すればステキな音を奏でることができるの。

生楽器なので、ごまかしが一切効かないため、演奏者の実力が顕著に現れます。

ペダルが3種類ある

足元には、ペダルが3種類あります。

・一番右側は「ダンパーペダル」。

鍵盤を抑えている時に、ダンパーペダルを踏めば、鍵盤から手を離しても音が伸びたままになる。

ペダルから足を離せば音は途切れる。

・中央のペダルは、グランドピアノでは、「ソステヌートペダル」。

アップライトピアノでは、「マフラーペダル」と呼んでいます。

「ソステヌートペダル」は、ある特定の音を伸ばしたい時に使用します。

伸ばしたい音を弾いてから、このペダルを踏んで手を離すと、その音が伸びるの。

そのまま別のフレーズを弾いても、音が濁りません。

・一番左のペダルは、「シフトペダル」。

音が柔らかくなります。

このペダルは、使用頻度が一番少ないです。

使ったことがないと言う人が、結構いるみたい。

私も使ったことがないなあ・・・(‘ω’)

様々なジャンルや演奏形態に対応できる

クラシックやジャズ、ボサノバなど、様々なジャンルに対応できる楽器です。

学校では合唱の伴奏として、大活躍してますね(^_-)-☆

一人でも演奏できるし、オーケストラなどの共演にも向いています。

寿命が長い

年に1度調律(=メンテナンス)をすれば、40年持ちます。

使用環境や、使う頻度によって、もっと長持ちすることもあります。

脳の活性化に繋がる

両手をかなり動かすため、脳にかなり刺激を与えることになります。

ボケ防止にも最適!

騒音問題

かなり大きい音なので、ご近所迷惑になる可能性大です。

でも、サイレントピアノなら、そんな心配は不要!

サイレントピアノは、ヤマハから発売されている楽器で、消音機能がついたピアノなの。

ヘッドフォンをピアノに接続して演奏ができるんだ~!

だから、夜でも安心して練習ができます(^^♪

鍵盤の重さ

鍵盤は重みがあるため子供や年配の方は、弾きづらいかもしれない。

そんなに力が必要?って思われる人もいるかもしれない。

脱力した状態で、腕や上半身の重みを利用して弾くため、手の筋力が物凄く必要なわけではない。

でも、子供は体重が軽いし、年配の方は筋力が減っているため、うまくコントロールできないことが多い。

まとめ:違いは何?表にまとめてみました!

いかがでしたか??

今回はエレクトーンとピアノの違いについてお話してきました!

わかりやすく表にまとめてみました!

  エレクトーン ピアノ
足元 鍵盤がある。主にベースの音として使う。

音量調整のペダルがある。

ペダルにはスイッチがついていて、蹴るとリズムのON・OFFや、あらかじめセットした音色の切り替えができる。

ペダルが3種類ある。

・持続音が出る。

・ある特定の音だけ伸ばすことができる。

・音が柔らかくなる。

音色 電子楽器のため、基本的に出せない音はない。

世の中に存在する楽器全てと、花火の音や人の声も出せる。

生楽器のため、1つの音色のみ。
鍵盤の

重さ

軽いので、幼児や年配の方でも楽に弾ける。 重みがあるので、幼児や年配の方には弾きづらい。
騒音 電子楽器のため、音量調整可能。ヘッドフォンも使える。

しかし、足鍵盤の音がご近所迷惑になる可能性あり。

エレクトーンがある下の階からは、まるでネズミが駆けずり回っているような音がするらしい(”_”)。

かなり大きい音量になるため、ご近所迷惑になる可能性がある。

サイレントピアノや、防音ルームがあると気兼ねなく、いつでも練習できる。

 脳の

活性化

 両手・両足を使うため、かなり脳が活性化される。

左手は、ピアノほど動かさないことが多い。

なぜなら、足鍵盤があり、持続音があるため。

 両手をフルに使うため、かなり脳が活性化される。

なぜなら、左手でベースの音と伴奏をしないといけないためである。

体への

負担

 椅子に浅く座って弾くため、腰痛になりやすい。

 

 腕から先は動かさないため、肩こりになりやすい。

 

 維持費  メンテナンスは必要なし。

電気代が必要。気になるほどではない。

部分的に故障することがあるので、出張修理が必要になることもある。

10000円以上はかかるかも・・・。

 年に1度調律(=メンテナンス)が必要。

費用は15000円くらい。

 寿命 毎日2時間以上弾いて、寿命年数は約10年。

コンクールに出たり、指導したりする人は新モデルが出るたびに買い替えが必要。

上級者は新しい楽器で演奏することを要求される。

音色や機能が変わるため使い方を覚えたり、音色のデータを作り替えなければならない。

 弾く頻度や、湿度・温度によって変わってくるが、寿命年数は約40年間。
ジャンル  あらゆるジャンルに対応できる。

様々な音が出るので、ソロでもバンドやオーケストラのような演奏をすることが可能。

 さまざまなジャンルに対応できる。

1つの音色しかでないため、奏者次第で演奏の華やかさが決まってくる。

アレンジ力の向上 どんなジャンルも弾きこなさなければいけないため、アレンジ力があがる。

結構しんどい・・・(”_”)。

でも、それが楽しいです!

自分の先行するジャンルだけ勉強するのが一般的。

様々なジャンルに対応する知識は習得し難い。

 

同じ鍵盤楽器でも、結構違いがあるでしょ?

習う時の参考になれば幸いです( ˘ω˘ )

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^^♪

関連ページ