ピアノとエレクトーンは弾き方に違いがあるの?

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(*^ω^*)

 

「エレクトーンて色々な音が出るけど、弾き方は変えてるの?」

「ピアノと同じじゃないの?」

「電子楽器だから、全部同じ弾き方でもうまく聞こえるんじゃないの?」

って思われがち。

 

いやいや、そんなこと決してありません。

そしたらみんな同じような表現力になっちゃうじゃない(;’∀’)

電子楽器とはいえ、キチンと表現できます。

かなり細かくね!

しかも色々な楽器の音色が出るから使い分けなければなりません。

 

では、どういう弾き方をすればいいのか?

 

今回はエレクトーンの弾き方についてお話しをしていきたいと思います。

エレクトーンの弾き方は大きく分けて2つ

エレクトーンの弾き方には大きく分けて2つあるの。

1つは、ピアノのように鍵盤を叩くように弾く奏法で、「イニシャルタッチ」と言います。

 

イニシャルタッチは、ピアノやギター、マリンバなどの音を出す時に使います。

これらの楽器は、音を一回出したら徐々に消えていくよね。

このように叩いたり、はじいたりする楽器の音色を使う場合には、

「イニシャルタッチ」という奏法を使います。

 

イメージとしては、熱い鉄板を触るような感じかな!

熱いから一瞬しか触れないでしょ?(笑)

そんなイメージで弾くと、一音一音がはっきりと聞こえて良い演奏になるの。

 

もう1つは、鍵盤を押し込むように弾く奏法で、「アフタータッチ」と言います。

 

押し込んだ分だけ、音が大きくなるという仕組みです。

楽器でいうと、バイオリンやサックス、フルートなどかな。

一度音を出して、そのまま強めたり、弱めたりするでしょ?

アフタータッチを使うと、そういう表現ができるの(^^♪

 

この2つの奏法をうまく使い分けてみてね☆

手や腕の使い方はどうすればいいの?

「奏法が2つもあったらなんだか大変そう」

「手や腕への力のかけ方も変わってくるのかな?」

って思うよね。

実際、力のかけ方は変わってきます。

でも、共通点もあります。

イニシャルタッチも、アフタータッチも脱力奏法で演奏します。

 

どんな奏法かというと、肩・手首・指の力をほどよく抜く弾き方なの。

「えっ?力抜いたら気の抜けた演奏にならないの?」

って思われるかもしれない。

 

でも、逆に力を入れて演奏してしまったら、速いメロディーは弾けないし、疲れてしまって長時間演奏することは厳しくなります。

そこで、弾く前にうまく脱力する方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単!

 

まず、鍵盤に手を乗せます。

この時肩、腕、手の力は全て抜いてください。

完全に鍵盤にもたれる感じになります。

力を抜くと手の形も自然と丸まりますよね。

 

その状態で弾いてみて下さい。

↓こんな感じだよ〜☆

力は抜いてますが、腕の重みが指先に伝わるので、あまり力を入れなくても弾けるはず!

これが、イニシャルタッチの弾き方なの。

 

アフタータッチの奏法は、指先の形を変えればいいだけ。

指を広げて弾いてみよう。

↓こんな感じね♪

そうすると、鋭い音がでないので、柔らかい音がでます。

ただし、指を広げた分力が分散されるので、鍵盤に重みが乗りづらくなります。

力任せに弾くと、腕を痛めてしまうので、体重を腕に乗せて鍵盤を抑えるようにしましょう。

 

慣れるまでは、いろいろな場所に力が入ってしまうと思います。

でも、根気よく続けて下さい。

いい演奏に繋がるから(^^♪

まとめ

今回は、エレクトーンの弾き方についてお話してきました。

弾き方は、「イニシャルタッチ」と「アフタータッチ」の2種類でしたね☆

どちらの弾き方も、脱力奏法で、肩の力は抜きます。

「イニシャルタッチ」は指の力を抜いて、手を丸めた状態で弾く。

「アフタータッチ」は指を伸ばした状態で弾く奏法でした。

 

慣れるまで弾き分けるのが大変かもしれません。

でも、弾いていると慣れるので大丈夫!安心してください(‘ω’)ノ

がんばりましょう☆

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^-^)

関連ページ