エレクトーンの演奏をデータ化して保存する方法

みなさん、こんにちは( ^ω^ )

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です☆

 

エレクトーンで演奏したものを録音したいのに、その方法がわからないという方は多いと思います。

「自分がどのように弾いているのか聞いて練習に役立てたい」「コンクールやパーティーのBGMに使いたい」でもどうすればいいのかわからない・・・

私もその中の1人でした。

私がエレクトーンを習い始めたばかりの頃は、そのような機能が本体についていませんでした。

しかし、最近では、録音機能が導入されるようになりました。

便利になったなあと思う反面、使いこなせるようになるまで時間がかかりました。

とは言え、レッスンで先生に聞いたり、説明書を読んだりしているうちに、楽に使いこなせるようになってきました。

今回は、エレクトーンのステージアを使って、2種類の録音方法を解説していきたいと思います。

パターン1:演奏を録音して保存する方法

ここでは、演奏を録音してデータ保存する方法を説明していきたいと思います。

STEP1

USBメモリーをエレクトーンにセットします。

STEP2

タッチパネル画面の「USB 01」を押します。

STEP3

「USB01」がオレンジ色になりました。そのボタンをもう1度タッチするか、「中に」を押します。

STEP4

タッチパネル画面が切り替わり、メディアの中のデータが表示されます。

タッチパネル画面のカーソルボタンを押すか、「DATEACONTROL」のダイヤルを回して空いている欄を表示させます。

STEP5

空いている欄を選んで押します。

STEP6

選んだ場所がオレンジ色になったら、その右下にある「REC」ボタンを押します。

STEP7

左下に「録音待機」が表示されたら、その2つ隣のプレイボタンを押します。

STEP8

砂時計のマークがつきますが、しばらくすると消えます。

STEP9

砂時計のマークから「00:00」の表示に切り替わったら、録音開始です。

この数字は、録音時間を表しています。

終わったら「停止」ボタンを押します。

STEP10

画面が切り替わり、録音された欄がオレンジ色に表示されました。

「♪」のマークは、演奏データが入っていることを表しています。

音色だけのデータでは「♪」のマークはつきません。

これで録音が完了しました。

パターン2:演奏をパートごとに分けて録音する方法

録音したいけれども、一度に両手・両足で弾けないという時にパート別に分けて録音することができます。

ここでは、最初に下鍵盤と足鍵盤を録音したあとに、上鍵盤を録音する方法を解説していきたいと思います。

STEP1

パターン1のSTEP1~4を行う。

STEP2

選んだ場所がオレンジ色になります。

画面の右上の「ソング」がオレンジ色になっていることを確認します。

「ソング」がオレンジ色になっていない場合は、押して、オレンジ色に変更します。

次に「REC」ボタンを押します。

STEP3

以下のような画面に切り替わります。

STEP4

録音したいパートを選びます。ここでは「上鍵盤」・「リード」・「キーボードパーカッション」のボタンを押して、OFFに切り替えます。

「下鍵盤」「ペダル」「コントロール」ボタンは、元々「REC」に設定されたいるので、そのままで大丈夫です。

これらのボタンは、押すたびに設定が切り替わり、「OFF」・「PLAY」・「REC」が表示されます。

「録音待機」になっているので、「REC」を押します。

STEP5

砂時計が表示されますが、しばらくすると消えます。

STEP6

砂時計のマークから00:00の表示に変わったら、録音開始です。

演奏が終わったら、「ストップ」ボタンを押します。

STEP7

録音されたデータがオレンジ色に表示され、選ばれた状態になります。

「REC」ボタンを押します。

STEP8

「SONG 001に上書きしますか?」という表示がでるので、「上書き」を押します。

STEP9

「上鍵盤」のボタンを押して、「REC」に設定します。

また、「下鍵盤」「ペダル」「コントロール」のボタンを押して、「PLAY」に設定します。

そして、リードを「OFF」に設定します。

全ての設定が終わったら、「カスタムプレイ」のボタンを押します。

STEP10

演奏が終わったら、「ストップ」ボタンを押します。

しかし、そのまま何もしなくても、1回目に録音したデータの再生が終わったら、自動的に止まります。

すぐに演奏データの保存を終わらせたい場合は使うと良いです。

STEP11

録音が終わったら、メディアの中に入っているデータが表示されている画面に切り替わります。

オレンジ色に表示されている場所が、今録音されたデータです。

これで録音が完了しました。

演奏を途中で間違えてしまい、やり直したい場合

1度「ストップ」ボタンを押して新たにやり直す事もできますが、時間をロスしてしまいます。

これからご紹介する方法は、ミスをしてもすぐにやり直すことができるので、ぜひ試してみて下さい。

STEP1

パターン1もしくはパターン2の手順で録音します。

STEP2

録音中にミスをしてしまったら、「REC」ボタンを押します。

そうすると、「録音待機」になります。

気を取り直して、「PLAY」ボタンを押します!

STEP3

「録音待機」と表示されていた場所が、数字に変わります。「00:00」がすぐに表示され、録音再開されます。

演奏が終わったら、「ストップ」ボタンを押します。

これで録音が完了しました。

STEP4

メディアの中に入っているデータが画面に表示されます。

今録音したデータはオレンジ色に表示されます。

そのまま「PLAY」ボタンを押すと再生できます。

演奏を確認してみてくださいね☆

まとめ

このように、録音方法には、「演奏したデータをそのまま録音する方法」と「パート別に分けて録音する方法」の2種類があります。

また、「途中でミスをしてしまった時に無駄なく録音をやり直す方法」があります。

この記事で紹介した通りの手順で録音すれば、迷わず演奏データを作成することができます。

そうすれば、すぐに様々なシーンで活用することができます。

録音する際には、ぜひ参考になさってくださいね☆

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^-^)

関連ページ