エレクトーンのデータを管理するツールの使い方~フォルダー作成編~

みなさん、こんにちは( ^ω^ )

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です☆

エレクトーンの音色や、演奏データをUSBやフロッピーなどのメディアに保存していると膨大な数になってしまう時ってありますよね。

「使いたい時にすぐ見つけられない」「複数のメディアを持っていて、何がどこにあるのかわからない」イライラは募るばかり…

そんな時、知り合いから教えてもらった方法が、エレクトーンのデータを整理する方法でした。

知り合いに教えてもらったこの方法でメディアの管理をした結果、あらゆる量のデータをすぐに探し出す事ができるようになりました。

今回は、エレクトーンのステージアで、音色や演奏データを整理する方法を解説していきたいと思います。

作成をしたデータに名前を付ける方法

STEP1

エレクトーンにUSBメモリをセットします。

STEP2

タッチパネル画面の横にある、「MDR」ボタンを押します。

STEP3

タッチパネル画面を使って入力していきます。

メディアの種類を選択する画面に切り替わります。画面に表示されている「USB-FD01」はフロッピーディスクのことを指します。「USB 01」はUSBメモリのことを指します。

今回は、USBメモリを使うので、「USB 01」を選んでタッチします。

STEP4

選ばれたところがオレンジ色に表示されました。オレンジ色に表示されたところをもう一度タッチするか、右側にある「中に」をタッチします。

STEP5

メディアの中に入っているデータが、画面に表示されました。「ツール」ボタンをタッチしてから、「名前変更」ボタンを押します。

STEP6

「削除」ボタンをタッチして不要な名前を消します。

STEP7

全て消えたら新しい名前を作成します。

STEP8

タッチパネル画面で名前を作成したら、「OK」ボタンをタッチします。

STEP9

メディアの中に入っているデータが表示され、名前を作成した曲が表示されました。

これで曲の名前作成が完了しました。

曲をカテゴリー別に分けてデータを見やすくする方法

USBメモリには膨大な数の曲を記録することができます。そのため、保存した曲の数が増えると、使いたい曲を探すのが大変になります。

そのような時に役立つのが「フォルダー」です。

「フォルダー」を作成する事によって、複数の曲のデータを、カテゴリーごとに分類することが可能になります。これにより、どの曲がどこにあるのか、すぐに見つけられるようになります。いわゆる、整理箱のようなものです。新しいUSBメモリを使い始めたばかりの時は、保存する曲の数が少ないので「フォルダー」がなくても大丈夫です。

しかし、今後保存する曲数が増えた時のために、「フォルダー」は作成しておいた方が良いでしょう。

STEP1

上記の記事の「作成したデータに名前を付ける方法」で紹介した、STEP1~4の手順を行う。

STEP2

「ツール」ボタンをタッチします。オレンジ色に表示されてから、「フォルダー作成」ボタンをタッチします。

STEP3

フォルダーの名前を考えて、入力していきます。終わったら、「OK」ボタンを二回タッチします。

STEP4

「フォルダー」が完成しました!

フォルダーが不要になった場合、消去することができます。上記の画面の状態で、「削除」ボタンをタッチします。その際に、フォルダーの中身も消去されてしまうので注意して下さい。

まとめ

このように、エレクトーンのステージアで使用するデータを整理する方法は2種類あります。

一つ目は、「作成したデータに名前を付ける方法」、そして二つ目は、「曲をカテゴリー別に分けてデータを見やすくする方法」です。

この方法を使えばストレスを抱えることなく、データを探す事ができます。

皆さんも、データを作成した際には、ぜひこの方法使ってくださいね

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^-^)

関連ページ