下の名前で呼ぶことによる驚きの効果とは??

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

みなさんは、仲のいい友達やお付き合いしてる異性を下の名前で呼んでいますか?

 

ほとんどの人が名前で呼んでるんじゃないかなあ?

初めて名前を呼ぶときは、恥ずかしくて呼びづらいよね?

 

私もそうだし(;’∀’)

でも、この人と仲良くなりたいなあって思ったら、名前で呼ぶようにしてるよ~!

 

呼ばれる人は、はじめは戸惑うものの、親近感が湧いて、嬉しくなるよね(*’ω’*)

というわけで・・・

今回は名前を呼ぶことで、どんな心理効果が得られるのか?お話をしていこうと思います☆

仲良くなりたければ下の名前で呼ぼう!

「ねえ・・・」「あのさあ・・・」「ちょっと・・・」

というかんじで、相手とコミュニケーションを取り始めてしまうことってあるよね(;’∀’)

これは、日本語って主語や目的語を省略しても通じやすい特徴があるからなの。

 

でも、苗字や名前で呼ばないと、相手は

「この人私の名前覚えてくれてるのかなあ?」

「私に興味がないのかなあ?」

って思ってしまうんだよね。

 

だから、苗字や名前で呼ぶのはコミュニケーションを取る上でかなり大事!

知り合って間もない頃なら、苗字で呼ばれるだけでも嬉しいよね( *´艸`)

 

「この人は私のことを覚えてくれてるんだなあ」って思うから。

 

親しくなってからは、下の名前で呼ばれたほうが、親近感が増して更に仲良くなれるよね(*’ω’*)

逆に、親しくもないのに名前で呼ばれると、相手は不愉快になることもあります。

「気安く名前で呼ばないで!」って思われている可能性が高いです。

だから、名前で相手を呼ぶときは気をつけましょうね(;’∀’)

 

ちなみに私の不快なエピソードは、20代後半の時に職場の後輩に、

出会ってまもなく名前で呼ばれた事です。

しかもタメ口!

後輩は、20歳の女の子で、私の事を同い年くらいだと思ったらしい。

 

この時は不愉快でした。

 

年齢を確認もせずに、タメ口で名前呼び!

「礼儀知らずな子」としか思えなかったよ。

 

このように、「失礼な人!」って思われないように、名前を呼ぶ時は気をつけましょう。

名前を呼び合わないと良い関係が築きにくくなる?

相手の名前を呼ぶのって親しみが湧くだけでなく、愛情も確認し合うことができるの。

カップルや夫婦では非常に重要なコミュニケーションをだと言われているんだ~。

 

つきあい始めたら大抵のカップルは名前で呼び合うじゃない?

はじめは照れるけど、好きな人に名前で呼ばれるのって、もの凄く嬉しいよね(*’ω’*)

今まで苗字で呼ばれてたのに、

「名前で呼ばれた!」

「好きな人の特別な存在になれたんだなあ」

って幸せな気分になれるんだよね☆

 

この幸せな状態を維持できたらいいなあって思う。

「長年つきあってると、慣れてきちゃうから無理」

って思う人もいると思う。

 

でも、私はそんなことはないと思う。

プロポーズされたり、何か熱い思い(=感謝や励ましなど)を伝えられたりした時に名前で呼ばれたらドキッとするもん。

 

だから、結婚してお互いを「パパ」「ママ」って呼び合ったり、

「おい」「ちょっと」って呼んだりするのはおススメしないなあ。

こういう風に呼ぶのって、心理学的には相手の尊厳を無視した呼び方で、

関係性がギクシャクしてくると言われてるの。

 

ちなみに、アメリカでは名前で呼び合わないカップルの関係性が、

どれくらいギクシャクするのか?実験が行われました。

なんと、カップルの55組中86%が調査開始後5か月の間に、

別れたという結果が出たらしい!

 

確率高いよね(;’∀’)

 

やはり、いつまでも名前で呼び合うことが大事だね!

私もそうしたいなあ・・・

せっかく親から授かった名前なんだから、生涯大事に使いたいもん。

まとめ

いかがでしたか??

名前で呼ぶことによる効果のお話をしてきました。

まとめると

・仲良くなりたければ下の名前で呼ぶ

・名前で呼ばないと良い関係が築きにくくなる

でしたね。

 

名前で呼ぶことはとても大事なこと。

親しくなりたい相手なら苗字じゃなく、名前で呼ぶようにしてみよう!

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^^♪

関連ページ