歌を上達させたい人へ☆あごと首を使ったビブラートのかけ方

 

こんにちは☆

エレクトーンシンガーソングライターの望月美弥です(^^♪

 

Twitter:@38Tiro

みなさんは、ビブラートのかけ方に3種類あるのを知っていますか?

 

音程を細かく上下させ、震えるように音を響かせることを「ビブラート」と言います。

 

「えっ?ビブラートって3種類もあるの?」って思っている人は多いと思います。

私もボイストレーニングを受け始めて、10年後くらいに知りましたから(°_°)

好きになったアーティストの影響で、ビブラートを追求し始めたんです。

その後に、3種類あることが判明したの!

こんなことを聞くと、「えっ?どれを使えばいいの?」ってなるよね?

 

でも、自分に合った方法とジャンルに合ったものを使えば大丈夫!

 

どのビブラートを使えばいいのか1つに絞ればいいのです。

 

というわけで・・・

今回は、あごと首でかけるビブラートについて、お話をしていこうと思います。

あごと首を使ってかけるビブラートとは?

あごと首を両方いっぺんに使うわけではありません。

あごと首を、それぞれ違うタイミングで使い分けて、ビブラートをかける方法です。

シンプルなやり方なので、練習すればすぐに習得でます。

のどや横隔膜を使う必要がないので、体への負担は少ないです。

どういうジャンルや曲に向いているの

演歌など、ゆったりとしたテンポの曲に向いています。

あごで音程を揺らす為、速いテンポの場合、負担がかかります。

頑張ってできないことはないですが、あごを痛めてしまう可能性があります。

そのため、やめておいた方が無難と言えます。

ロックには向かないビブラートです。

私は、あごでビブラートをかけるロックミュージシャンを、見たことがありません(;”∀”)

アーティストでいうと?

どんなアーティストが使っているのか、気になりますよね?

いや、気にならないって?そんなこと言わずに見てみて下さい(笑)。

「あっ!この人もあごでビブラートをかけてるー!」

って発見がありますよ(^^♪

浜崎あゆみさん

デビューしたての頃は、のどを使ってビブラートをかけてました。

しかし、渡米してボイストレーニングを受けてからは、ビブラートのかけ方が変わりました。

1998年に発売されたpoker faceと、 2003年に発売されたGrateful Daysを聴き比べると一目瞭然です。

ビブラートのかけ方はもちろんですが、声も太めで芯のある声に変化しています。

瀬川瑛子さん

首とあごを使ってビブラートかける、代表的な歌手の一人と言えます。

彼女は、首とあごをうまく使い分けてビブラートをかけています。

演歌では、こぶしを入れる必要があります。

そのため、やり易いようにバランスを取りながら、あごと首をうまく使い分けてビブラートをかけています。

この他にも、あごでビブラートをかけている歌手はたくさんいます。

ここでは、一部の歌手を紹介させていただきました♪

やり方は??

では、実際にどうやるのか?説明をしていきますね(^_-)-☆

あごを使ってビブラートをかける場合

声を出して伸ばした状態で、あごを上下に揺らします。

そうすると、声が揺れます。

声の揺らし方をあごで調整することができます。

あごを意識すればいいので、わりと楽にビブラートをかけることができます。

首を使ってビブラートをかける場合

演歌を歌う人に多いのですが、首を上下や左右に振りながら声を出します。

首を振ることで、こぶしを回すこともできます。

まとめ

いかがでしたか??

今回は、あごと首を使ってかけるビブラートの方法を解説してきました。

 

まとめると・・・

・向いているジャンルや曲:演歌やゆったりとしたもの。

・アーティストでいうと?:浜崎あゆみさん、長山洋子さん、

・やり方:声を出して伸ばしたまま、あごを上下に動かす。

 

でしたね!

 

ビブラートの中では、比較的コツを掴みやすいものと言えます。

ご自身のジャンルに合わせて使ってみてくださいね☆

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^^♪

関連ページ