鼻炎の人は歌いにくいって本当??影響力と対処法とは?

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

あなたは、鼻炎持ちですか??

 

鼻炎は、一般人にとっても不快だけど、歌手にとっては大敵!

 

鼻水が止まらないと歌うどころではないし、声質が変わってしまうんだよね(^^;;

 

私も小さい頃から、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎を患っています。

さらに、20代後半からは花粉症を発症しました!

ひどい時は、風邪とのダブルパンチで、3日でティッシュ一箱を使う時もありました( ;∀;)

 

さすがに「これはマズイ!」と思ったので、良い耳鼻咽喉科を探して受診する事にしました。

耳鼻咽喉科の薬を処方してもらい、大分改善しました。

今では、ひどくなる前に予防をしたり、早目に治療してもらったりしているので、

以前より快適に過ごす事ができています。

 

鼻炎持ちだと、どれくらいの影響力があるのか?っていうのと改善方法をお話していきたいと思います。

歌手にとって鼻炎はなぜ大敵なのか?

もしかしたら、あなたは「鼻水が出ない時は問題ないんじゃないの?」って思うかもしれない。

でも、実際に問題ないなあって思っていても、鼻炎持ちなら常に鼻の中は腫れているんだよね。

それって鼻の通りが悪くなっているということなの。

鼻の通りが悪くなる=鼻腔共鳴(声を鼻に響かせて出す発声方法)ができなくなるんだよ~。

鼻腔共鳴ができないと、声の響きは悪くなるし、楽に声量をアップさせることができないの。

 

分かりやすく言うと、鼻をつまんで歌うようなものです。

みなさんも試しに鼻をつまんで歌ってみてください。

鼻をつまんで歌ったら、声質が変わるだけでなく、声の通りが悪くなりませんか?

 

鼻炎持ちなら治療をしていない限り、自覚症状はなくても常に響きが悪い状態なんです。

私の先生の生徒さんで、鼻腔をレーザーで治療したら、

本人もびっくりするくらい声の通りが良くなったそうです。

それだけ、鼻炎は歌に影響を及ぼすということなんだよね(;’∀’)

やはり治療をしっかりすべきですね!

鼻炎の対処法は??

対処法と一言で言っても、自分でできるものから、プロに治療してもらう方法があります。

ここでは、私が知っている対処法をすべてお話していきたいと思います。

日頃できること

マスクをして、菌やウイルス、アレルギーの元になるものなどを吸わないようにしましょう。

家では空気清浄機をつけて過ごすのもおススメ。

 

また、マヌカハニーというハチミツを毎日摂取するのも良いです☆

私は健康のために毎日マヌカハニーを摂取しています。

今のところ鼻炎がひどくなってツライ!っていうことがないから、

たぶん効いてるのかなあと思う。

風邪をひかないようにする

鼻炎持ちなら特に気を付けなければいけないのが風邪。

風邪をひいてしまうと、とんでもない量の鼻水が出てしまうからです。

エンドレス!っていうくらいにね(´;ω;`)

だから、くれぐれも風邪には注意しましょう。

整骨院で鍼治療をしてもらう

永久に効果が続くわけではないけど、鍼を打ってもらうと、鼻炎の症状が軽減します。

一回の治療で効果が出る人もいれば、数日後にもう一度治療を受けて症状が軽減された人もいます。

耳鼻咽喉科クリニックに行く

「今すぐ不快感をどうにかしたい!」って思ったら、

耳鼻咽喉科クリニックで診てもらうのがおススメ。

その人に合った薬を処方してくれます。

だから、治りも早いです(^^)/

完治は難しいけど不快感は改善されるので、きついなあと感じたら耳鼻咽喉科クリニックへ行きましょう!

レーザー治療を受ける

私はやったことないのですが、やったことのある人に感想を聞くことができました!

そしたら、「鼻はスッキリするけど、治療がツライ」とのこと。

「痛みはないし、全然苦にならない」と言う方もいるので、人によるのかも。

 

ただ、1つ言えるのは、レーザーで鼻の中の粘膜を焼くので、しばらく鼻はかめないらしい(^^;

 

でも、レーザー治療は、いつかはやってみたいなあと思っています。

まとめ

今回は、鼻炎持ちの人がどれだけ歌に影響を及ぼすのか?

その対処法もお話をしてきました。

歌手なら、鼻炎を治した方が、歌への支障が少なくなります。

自分でできる対処法もありますが、根本を治したいなら、医師に相談するのが良いです。

治療をしっかりして、良い歌が歌えるようにしましょう☆

 

それでは、今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^^♪

関連ページ