歌がうまくなりたい人必見!胸式呼吸のメリット・デメリットとは?

こんにちは(*^_^*)

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

あなたは、「歌は必ず腹式呼吸で歌うもの!」って思っていませんか?

これは、私もそうでした。どこのボイストレーニング教室に通っても、教わるのは必ず腹式呼吸。

胸式呼吸はダメなもの、って認識でした(´・ω・`)

 

でも、あるボイストレーナーと出会って、それが間違いであることを知りました。

そして、胸式呼吸にもきちんとメリットがあることを学びました。

さらに今では、胸式呼吸と腹式呼吸を、うまく使い分けて歌えるようになりました。

 

大切なのは、胸式呼吸のメリット・デメリットを知って、腹式呼吸と使い分けること。

そこで今回は、胸式呼吸についてお話しをしていきたいと思います(^^♪

胸式呼吸のメリット

みなさんは、「胸式呼吸にメリットなんかないでしょ?」って思ってませんか?

私はボイストレーニングを受け始めて、しばらくは「腹式呼吸でうたうのがプロなんだ!よし!絶対にこの呼吸法だけを極めよう!がんばろ~っ!」って思ってました。

 

でも、あるボイストレーナーに出会ってから、「腹式呼吸だけを使うべき!」というのは間違いだということがわかったの∑(゚Д゚)

では、どんな時に胸式呼吸を使えばよいのか?

それは、切ない感じの声を出したいときなの(^^♪

 

例えば、平井堅さんや中島美嘉さんのような、せつない歌い方をしたい場合は胸式呼吸がおすすめです。

使う息の量を少なくして歌うことで、若干苦しいかんじに聞こえるので、せつなさを表現できるんだ!

胸式呼吸は歌には向いていないとよく言われるけど、ぜひ使ってほしいな☆

胸式呼吸のデメリット

物事には、なんでもメリットがある反面、デメリットがあります。

というわけで、胸式呼吸にもデメリットがあるのです。

 

それは・・・

・空気をあまり吸えない

呼吸が浅くなるため、安定した声を出すことが難しい。

のどで息の量をコントロールしなければならない。そのため、のどにかかる負担は大きい。

・ロングトーン(声を長く伸ばすこと)が出せない

空気をたくさん吸えないため、声を出し続けることが難しい。声を出すためには、空気を吸う必要があるので。

・空気を吸う時に首と肩に力が入ってしまう

空気を吸おうと必死になるため、緊張状態になりやすい。そのため、声もこわばってしまう。

・息をうまくコントロールするのが難しい

動きながら歌うと声がぶれてしまう。ステージパフォーマンスや、ダンスをしながら歌うには不向き。

 

まとめ

いかがでしたか??

今回は、胸式呼吸について、お話をしてきました。

メリットは、

・切ない表現をしたい時に向いている

・普段使う呼吸法なので、特別なトレーニングはいらない

デメリットは、

・空気があまり吸えない

・ロングトーンが出せない

・空気を吸う時に方と首に力が入ってしまう

・息をうまくコントロールするのがむずかしい

でした。

 

胸式呼吸にメリットがあるなんて意外だ!って思われた方は多いと思います。

そして、デメリットの方が多いじゃん!と思われた方も多いと思います(;’∀’)

 

でも、腹式呼吸だけでなく胸式呼吸で歌うことで表現の幅が広がるので、ぜひ使ってみてください!

基本的に腹式呼吸を使う人でも、曲の場面に合わせて胸式呼吸を取り入れてみてね♪

そうすれば、歌がさらに生きて、より一層聞いてくれる人に届くはず☆

 

それでは今回はこのへんで☆

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^^♪

関連ページ