横隔膜を使ったビブラートとは?仕組みとやり方を解説します!

みなさんこんにちは☆
エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

 

「ビブラートをかけてみたいけど、うまくいかない」

という人は多いと思います。

 

ビブラートというのは、音程を細かく上下させ、震えるように音を響かせることをいいます。

ビブラートのかけ方は3通りあって、「のど」・「あご」・「横隔膜」のいずれかを使います。

 

えっ・・・

「なんで3つもあるの?」

「どれを使えばいいのかわからない!」

って思いますよね。

 

私は、数年間ボイストレーニングを受けたのちに知りました(;”∀”)

それまでは、ずっと、見よう見まねでビブラートをかけていたんです( ;∀;)

 

でも、やり方をきちんと勉強するようになってからは、「大分使えるようになったかなあ?」と思っています。

 

ビブラートは、使えると歌がうまく聴こえるし、ぜひ習得しておきたいテクニックの1つと言えます。

コツを掴むまで難しいから大変だけど、習得してしまえばこっちのもの!

うまくコントロールできるようになります。

練習すれば必ずできるようになるから、諦めずに頑張ろうね٩( ᐛ )و

 

というわけで・・・

今回は、一番のどに負担がかからない、横隔膜を使ったビブラートのやり方について、お話をしていこうと思います。

横隔膜でかけるビブラートとは?

「横隔膜」でかけるビブラートって何?って思うよね(”_”)

 

まずは、腹式呼吸ができることが前提になってきます。

「腹式呼吸が分からないんだけど!」っていう人は、まずはこちらの記事を読んでくださいね☆

>> 歌がうまくなりたいなら必見!腹式呼吸のやり方と仕組みについて

 

「大丈夫だよ~!」っていう人はそのまま読み進めてもらってOK!

 

では、説明していくね(‘ω’)ノ

「横隔膜」は、みぞおちの辺りにあります。

で、「横隔膜」を使ってビブラートをかけるって、どういうことかというと・・・

腹筋と背筋を使って「横隔膜」を動かし、息に強弱をつけてビブラートをかけます。

腹式呼吸で声を出す時と同じやり方です。

のどへの負担が少ないし、安定感があるので良い方法です。

 

でも、ビブラートのかけ方の中では、習得するのが1番大変だし、間隔が大きめになりがち。

お腹を小刻みにへこますのは、簡単じゃないからね( ;∀;)

 

ちなみに、どういうジャンルに向いているかというと・・・

演歌のように、ゆったりとした曲には絶対に向いてますね。

ロックみたいな速いテンポの曲には、細かいビブラートが合うから、向かないかな(;”∀”)

 

横隔膜を使ったビブラートを習得するのは、時間がかかるので、気長に練習しましょう。

横隔膜を使ってビブラートをかけてみよう!

では、実際に横隔膜を使ってビブラートをかけてみましょう(^_-)-☆

腹式呼吸を習得したばかりでも、できるやり方も紹介するので、ぜひやってみてね。

 

まず、犬が体温調整をする時にする呼吸「ハッハッハッ・・・」というのを、イメージしてください。

イメージできたら、立った状態で腹筋を使って、口から息を 「ハッハッハッ・・・」と吐き出してください。

次に、このような呼吸をしながら、「あ~・・・」って声を出してみて(‘ω’)ノ

声が揺れますよね。

これが横隔膜でかけるビブラートのやり方です。

 

「う~んイマイチ感覚がうまく掴めない!」

という人にオススメのやり方をご紹介します。

 

まず、立った状態で、お腹に両手を当てます。

 

次に、「あ~」と声をしながら、お腹を両手で押したり、緩めたりします。

 

するとどうでしょう?

ビブラートがかかりましたよね?

感覚はこんな感じ!
これを、両手を使わずにできるようになればOKです!

 

この方法は、のどや顎を使う時と違い、高音域でも安定してビブラートがかけられます。

試しに、「自分が限界!」って思う一歩手前ぐらいの高さの声で「あ~」と発音して下さい。

その状態でビブラートをかけて下さい。

この状態で「ビブラート!?」って思うでしょ?(@_@)

でも、「横隔膜」を使えば、うまくいくんですよ~。

試しに「横隔膜」を使って、ビブラートをかけてみて下さい。

 

どうかな?

 

のどにあまり負担がかかることなく、綺麗なビブラートがかけられたでしょう??

だから、高音域でも安心してできるんです(^-^)

まとめ

いかがでしたか??

今回は、横隔膜を使ったビブラートの仕組みと、かけ方をご紹介してきました☆

 

まとめると・・・

・横隔膜を使ったビブラートを習得するには、腹式呼吸ができなくてはならない。

・犬が体温調整をする時のイメージで呼吸をしながら声を出す。

・うまくいかない時は、お腹に手を当てて、声を出しながら押したり緩めたりする。

でしたね!

 

習得するのは大変ですが、横隔膜でかけるビブラートは、できたほうが良いです☆

安定感もあるし、のどへの負担が少ないからね。

歌の上達の為に、ぜひ、やってみてくださいね(‘ω’)ノ

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^^♪

関連ページ