声が出ない!私が経験した声帯結節の原因・症状・治療方法とは?

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

みなさんは声帯結節という病名を知っていますか?

 

恐らく、大半の人が「なにそれ?」って言うと思う。

 

私も声帯結節になるまで知らなかったから(;’∀’)

 

私自身、初めて声帯結節になってしまった時はかなり焦りました。

のどは痛くないのに声が日に日に出なくなっていくの。

何が起きたか全然わからない状態。

 

でも、専門医に診て頂いて、少しづつ治す事ができました!

 

時間はかかるけど、きちんと治療すれば治ります。

だから、諦めずに治療をしていきましょう!

 

今回は、私の体験談を交えながら、声帯結節のことについてお話しをしていこうと思います。

これが声帯結節の原因だった!

私の場合、いつも通りに仕事をしていて声帯結節になってしまったの。

発症した日は、睡眠不足であまり水分を摂っていなかったんだよね。

その状態で接客をして、2時間くらい喋りっ放しだったの。

恐らくのどに負担をかける要因があったんだと思う。

 

声帯結節は、のどを酷使する事で発症します。

 

のどの使い過ぎなだけではなく、水分をあまり摂らなかったり、睡眠不足で免疫力が低下していたりすると発症する確率が高まります。

 

声を使うお仕事をする人は、油断せずに水分と睡眠をきちんと摂ってのどに負担をかけないようにしましょう!

声帯結節の症状はどのようなもの?

私はいつものように仕事を終えて、夕方になったら若干のどに違和感を感じたんだ。

だから、いつも使っているのどのケア用品で、違和感を取り除こうとしたの。

 

でも、翌日になって違和感は取れたものの、声がかすれるという事態に。

慌ててかかりつけの耳鼻咽喉科で診てもらうと、医師からは

「寝ている間に鼻水がのどに落ちてきて、荒れてしまっただけでしょう」

「鼻が良くなれば全て治りますからね」

「いつも通りに過ごして頂いて大丈夫です」

と言われました。

 

そして、処方された薬を夜に飲んで寝たんだけど、翌朝になったら悪化してオカマのような低いかすれ声しか出なかったの( ;∀;)

 

もうかなり焦ったよ(゚o゚;;

 

「私に何が起こってるの?」

「なんでいつもの様にすぐ治らないの?」

って思ったよ。

 

私は、「このままじゃ完全に声が出なくなってしまう!」

と危機感を感じたので、名医がいる耳鼻咽喉科はどこにあるのか?

すぐに調べました。

 

その結果、紹介状がなくても、予約をすれば診てもらえる耳鼻咽喉科を発見。

すぐに予約して診てもらうことができました!

 

診察をして頂いて開口一番に医師に言われたのが、

「こんなに声がかすれて出ないのに、以前行った病院で何をみてもらったんですか?」

という言葉で、ちょっと萎縮してしまったの(;’∀’)

 

「なんか私怒られてる?」という気持ちになってしまった(;’∀’)

とりあえず、以前行った病院での診察内容を説明しました。

 

そして、カメラを使って声帯をみてもらうことになったのですが・・・

これがめちゃくちゃ苦しい!!!

我慢するものの、「うっ」となってしまい、カメラが思う様に入らなかったの。

口から入れるカメラの方が解析度は高かったそうなんですが、断念して、鼻からカメラを入れる事になりました。

そしたら、

「声帯が腫れて固くなっていますね」

「説明をすると・・・」

「声帯はしゃべっていない時、正面の真上から見ると、Vの字になっています」

「しゃべる時に声帯は閉じるんです」

「そして、息の流れと圧力によって振動を起こして、声は作られるんです」

「でも、あなたの場合、声帯が腫れて盛り上がった上に、固くなっているから、うまく閉じることができないんだよね」

「だから、声がかすれるんです」

「声帯結節なので、なるべくしゃべらないでください」

「3週間ぐらいはしゃべらないでくださいね」

と言われました。

 

私は「うそでしょ??」

って思ったよ。

 

3週間てただ事じゃないなあって思ったし、不安で仕方なかったよ。

とにかく可能な限り仕事は休んで、あまり喋らないようにして、治療に専念することにしました。

声帯結節の治療方法とは?

治療方法は大きく分けて2つ!

どんな治療方法なのか、お話をしていきますね。

沈黙療法

沈黙療法とは、その名の通りしゃべらないこと!

沈黙療法が一番とされているの。

私は沈黙療法+投薬+吸入で治療をしました。

これって結構過酷なんだよね(;’∀’)

のどは痛くないから普通にしゃべっちゃうし( ˘•ω•˘ )

一人暮らしならまだしも、家族がいると難しい・・・

でも、私は沈黙を貫き通したよ!

 

薬は、消炎剤・咳止め・痰切り・吸入ステロイドが処方されました。

咳止めは、最悪な事に気管支炎を併発してしまったので、処方してもらったの。

処方薬は、私には合わなかったようで、吐き気がしてツラかったなあ。

でも、代わりの薬はないそうなので、なんとか耐えながら生活をしたの。

そして、経過を見るために、3日置きぐらいに通院して、吸入をしないといけない状況でした。

 

治療開始して4日目に診察を受けたら、医師に

「まだ1週間経ってないからカメラでは診ないけど、肉眼で診る限りでは良くなってきていますよ」

と言われました。

その時私は、

「このままがんばって耐えよう!」

と思いました。

 

さらに3日経ち、カメラでみてもらうと、初診の時よりきれいになっていると言われました。

その後も治療は続き、1か月経ってやっとほぼ完治!というところまできたの!

完治して、歌えるようになったのは声帯結節になって1か月と2週間後だったよ( ;∀;)

 

仕事は数日しか休めなかったから、それが原因で治るのも遅かったよ。

完全にしゃべらなければ2~3週間で完治したんだけどね。

でも、無事に治すことができました。

よかった~!

手術をして固くなった部分を切除する

沈黙療法では治らない場合や、早く治したい場合は手術をすることで治るの。

ただし、リスクもあるんだよね。

腫瘍を切除するわけではなく、なだらかに盛り上がった部分を切除するので、平らに切除できなかった場合はうまく声帯を閉じれなくなります。

指にできたタコのようなものを切除する感じね。

失敗した場合、声質が変わってしまうから、覚悟が必要。

できるだけ避けたい治療方法だね( ゚Д゚)

まとめ

今回は、声帯結節の原因・症状・治療方法をお話してきました!

声帯結節はのどに痛みがまったく出ないので、ついついしゃべってしまいがち。

もし、のどに痛みがないのに、どんどん声が枯れていくようであれば、すぐに耳鼻咽喉科クリニックへ行きましょう!

そして、なるべくしゃべらないようにしましょう!

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)/

関連ページ