初心者でもうまくいく!喉を使ったビブラートのかけ方とは?

みなさんこんにちは☆

エレクトーンで弾き語りをしている望月美弥です(^^♪

音程を細かく上下させ、震えるように音を響かせることを「ビブラート」と言います。

ただ、このビブラート、うまくかけられずに悩んでいる人って多いですよね。

私はずっと自己流でビブラートをかけていましたが、かけられたり、かけられなかったりしていました。

「どうしたらうまくできるんだ~!」って悩んでいたんだけど、情報収集をして練習した結果、出来るようになってきました。

 

ビブラートは「喉」・「顎」・「横隔膜」のいずれかを使ってかけます。

 

なんで3種類?って思うよね(;”∀”)

それぞれのやり方には、メリットデメリットがあるし、向いているジャンルも異なります。

だから、自分にあったやり方でビブラートを使うといいと思います。

 

よかったらこちらもお読みくださいね(*^-^*)>>横隔膜を使ったビブラートとは?仕組みとやり方を解説します!

 

3種類の中でも、喉を使ってかけるビブラートは比較的やりやすいの。

だから、みなさんにもぜひ試してもらいたいな(*^-^*)

ビブラートを使いこなして「歌うまいねっ」って言われるようになっちゃおう!

というわけで、今回はビブラートのやり方についてお話をしていこうと思います。

喉でかけるビブラートとは?

喉だけを使ってビブラートをかける為、最もやりやすい方法です。

でも、一定の間隔で声を揺らさないといけない為、喉が緊張状態になります。

そのため、横隔膜でかけるビブラートとは違い、喉に負担がかかりやすいです。

とはいえ、プロ歌手でも大半の人は喉でビブラートをかけているんだよね(^^;

それだけ、やりやすいってことだよね(;”∀”)

 

そして、このやり方はあまり安定感がない為、「ちりめんビブラート」(=間隔が細かいビブラート)になりやすいです。

「ちりめんビブラート」は絵にするとこんな感じ↓

ポップスや、ロックを歌うならおススメ☆

長時間歌うなら、あまりおススメはしないかな・・・

しかし、習得しやすいので、やっておいて損はないかなと思います。

喉でかけるビブラートのやり方

では、実際に喉でビブラートをかけてみましょう(‘ω’)ノ

母音を意識してビブラートをかけてみよう!

例えば、「ら~」って伸ばしたら、母音の「あ」に変わるよね。

そのまま伸ばした状態で、「あぁあぁ・・・」と「あ」を強めたり弱めたりする。

そうすると、ビブラートがかかります。

 

喉で「うまくできない!」という人は「消防車のサイレン音」のように声を出すように意識してみて下さい。

「消防車のサイレン音」って低音から高音まで少しずつ上がるよね!

上がったら、今度は少しずつ下がっていく。

イメージはこんな感じかな↓

 

わかりやすく音名でいうと、

声は「あ~・・・」と出しつつ、

「ドレミファソファミレドレミファソファミレ・・・」

という音程をつけます。

 

そして、徐々に音の振り幅を狭くしていきます。

「ドレミファミレドレミファミレ・・・」

「ドレミレドレミレ・・・」

「ドレドレドレドレ・・・」

イメージはこんな感じ↓

 

そうすると、ビブラートになります。

 

これは、声優アーティストの蒼井翔太さんのおススメのやり方です。

彼のビブラートは本当にきれいで安定感があります。

まとめ

いかがでしたか??

今回は、喉でかけるビブラートのかけ方をご紹介してきました☆

 

まとめると・・・

 

・喉でかけるビブラートは習得しやすい

・ポップスやロックに向いている

・プロ歌手でも大半の人が喉を使ってビブラートをかけている

・ちりめんビブラートになりやすい

・喉に負担がかかりやすく安定感がない

・「サイレン」のように声を出すと習得しやすい

 

でしたね!

 

ビブラートは難しいと思われがちですが、喉を使うやり方は最も習得しやすいです☆

喉に負担はかかりやすいですが、プロ歌手でもやっている方法なので、ぜひやってみてくださいね(^-^)

 

それでは今回はこのへんで☆

最後までお読みくださりありがとうございました(^^♪

関連ページ